マリッジブルーを考える・その1

結婚すると決めてから結婚式までの期間に多くの女性が経験するマリッジブルー。

ある結婚情報雑誌のアンケートによると、75%の人がマリッジブルーの経験ありとの回答でした。

幸せ絶頂のはずなのだが精神的にイライラしたりと情緒不安定な精神状態に陥ってしまう。

どうしてマリッジブルーという情緒不安定な精神状態に陥ってしまうのでしょうか?

原因その1:「家庭環境の変化」に対する恐れ

愛してる彼氏とはいえ、他人との共同生活への不安、苗字が変わる事への不安、今まで育ってきた生活環境の変化に対する不安、特に地方に嫁ぐ女性にとっては全く知らない土地に嫁ぐ際にはかなりの不安が出てきてしまい、その不安が恐怖となって精神的な圧力、すなわちストレスとなって襲ってきます。

彼氏との共同生活を上手くやっていけるのか、慣れ親しんだ実家から離れ、全く違う環境の下、どの程度やっていけるのか、今までの友人達ともなかなか会えず、新しい友達が出来るのかと様々な事が頭を過ぎるようになって悩んでいきます。

その様な不安や悩みからマリッジブルーになってしまうのです。

これは婿として逆の立場の男性側にもなりやすい傾向があるとも言われています。

原因その2:「結婚相手」に対する恐れ

恋愛期間を経て、プロポーズされて了承したものの、「本当にこの彼氏と結婚して良いのかしら」と悩んでしまう女性もいる様です。

最初から離婚を考えて結婚する人はいませんから一生を共にする相手が本当にこの人で良いのかと結婚式が近づくに連れ、悩んでしまったあげくにマリッジブルーに陥いる人も少なくありません。

プロポーズを受けてしまったけれど、本当はもっと素晴らしい彼氏に出会えたかも知れない。何もこの相手に決める必要はなかったのではと将来に対する不安も入り、陥りやすいと言われています。

理想を言ったらキリがありませんが女性は子供を産むという立場である為に優秀な遺伝子を選ぼうとする意志が潜在的に働くみたいです。

これは動物学や人間学からも立証されているのですが相手男性にとってはとても理解に苦しむマリッジブルーといえるでしょう。

結婚式を間近に控え、今更、もっと優秀な人が良いと言われても理解に苦しむのですが彼氏としてのフォローで解決できるみたいです。

男性側の場合は通常、彼女についてよく悩み考え抜いてからプロポーズを決断しますのでかかりにくいのですが女性側が特にマリッジブルーに陥りやすいと言われています。