結婚について

最近の結婚事情はどうなっているのでしょうか。

昔と違い、お見合い結婚は極端に少なくなっています。

殆どが恋愛結婚というケースですがその出会いにはパソコンや携帯電話の普及により婚活サイト、出会い系サイトとウェブ上での出会いがかなり増加しています。

氾濫していると言っても過言ではないかもしれません。

しかし、ここで問題になってくるのはウェブ上というハンドルネームや仮名での登録が可能という弊害も出てきています。

婚活サイトでも運営者はどれだけ登録者について事実を把握しているかも不明です。

しかも出会い系サイトなどでは正直に記載している人はごく僅かということは言うまでもありません。

個人情報保護法という壁においてなかなか一般人では仮名登録の人物を特定する事が困難になってしまったという事です。

メールや携帯電話などを交換し友人から付き合い始め、意気投合して恋愛感情が湧き、交際に発展したものの本名する知らず、いざ結婚となった時に初めて本名を知ったという人も増えてきています。

これを犯罪に理由しているのが最近の結婚詐欺師達です。

男女を問わず結婚詐欺師が横行しているのも事実で金品ばかりではなく、命まで狙われたりするケースも増えてきており、ニュースとして流れ、社会現象として取りざたされています。

本名を知るのが結婚を考えてからというのは当然、住所や親についても相手の口述を信用するしかなく、ここで登場するのが探偵事務所や興信所になります。

実際に探偵事務所や興信所では昨今、この手の身元調査や結婚調査が増えてきているといいます。

何しろ子供が結婚を考えている交際相手について何も詳しく知らないで勝手に結婚の約束をしてしまい、慌てた両親が探偵事務所や興信所の扉を叩くのですがいかんせん、相手のことを知らなすぎるというのです。

以前の結婚調査ではある程度、身上書を交わし、その内容をもとに調査を進めていたそうですが現在は情報収集から始めなければならないとの事で住所や勤務先を特定したり、それこそ本名を知るところから始めなければならないというケースもあるようです。

探偵や興信所のスタッフは個人情報保護法により個人を特定する方法に制限があり、いろいろと難しくなっているとも聞きました。

更には離婚歴を誤魔化して実際には子供がいて養育費を支払っていたり、多額の借金があったりしているとケースも多く、いずれも秘密にしており、まともに将来設計の話も出来なくなっているそうで、そんな現実だからこそ探偵事務所や興信所が再び見直され、結婚調査が増加しているみたいです。

勤務先の同僚であっても最近は住所を公開することは無く、社員名簿も無く、人事部に問い合わせても同僚でも情報を開示しないという世の中、連絡手段は携帯番号とメールアドレスという時代。

悪用しようとすればいかようにも出来る世の中になってしまいました。

結婚を考える相手が出てきたら多少の料金が発生しても探偵事務所や興信所に依頼して結婚調査や身元調査をして貰うことは現代、 結婚を考えている自分自身や子供達を守る手段になっているのかもしれません。

離婚・再婚が可能とは言え、決して結婚前と同じように戻れるわけではないのです。まして子供を授かってからだと男女を問わず大きなリスクも背負ってしまいます。

そこで自身が人生をやり直そうと考えても、すでに生まれてしまった子供の人生まで変えてしまうことの責任も考えなければなりません。

子供の人生と自身の人生のどちらを優先するのか?ここの判断をどうするかでその人の人間性が現れます。簡単には答えが出ない「難しい判断」となることは間違いが無いのです。

その判断の材料とするために結婚調査や身元調査が重要になってくるわけです。

一部の人物が結婚調査や身元調査に偏見を持ち「差別の根源」のような扱いをしていますが、 「最低限の自己防衛手段」として存在する調査との認識が全くない判断は逆に「危険な思想」とも言えるでしょう。

恋愛や結婚を個人間のものと決めつける考え方は危険と言えるのです。 様々な人たちに影響を与える可能性があることも考慮すべきでしょう。 もちろん自分の意思が一番重要なのは言うまでもないですが。